真剣な出会いを求める状態では、出会えない?

真剣な出会いを求めていても、

日々の中で出会いがないと

どうしようもなかったり、

たまの合コンも空回りしてしまったりと

出会いを求めれば求めるほど、遠ざかってる感じ…しますよね。

 

晩年になってから良い出会いを手に入れた男女の

体験談などを見ていると、共通している事として

・真剣な出会いを求めることを止めたら、急に出会いがあった!

という事を言う人が多かったりします。

 

この共通点、真理をついているような気がしてならないのですが

・もし、自分にその気がないのに
・タイプでもない人がガツガツ言い寄ってきたら…

・お断り!

と、なりますよね。

 

逆に、恋愛から遠ざかっていると本人が言っていても

・仕事に一生懸命だったり、
・夢を追っていたり
etc…

といった感じで、恋愛ではない他のことに

一生懸命頑張っている人って、なんだか輝いて見えるというか

魅力的に見えたり。

 

これらのことから、真剣な出会いを求める場合は、

・恋愛ではない、他のことに一生懸命になりつつ、
・男女の交流がある場に顔を出してみる

という事をしてみるのが、

一見遠回りの様であって

真剣な出会いを手に入れる近道にも感じましたので

ブログに書いてみました。

 

これって熱中症の症状?喉が痛い…

2018年の夏は、本当に「危険」という言葉が

過剰ではないくらいに暑いですね。

 

最近では熱中症に関する情報がよく出回っていますが、

症状のひとつとして

・喉が痛い

という事について、あまり言われたりしませんよね。

 

この事について管理人も色々調べてみたのですが、

夏風邪で済ませてしまっている情報が多かったりします。

 

でも、理論的に熱中症の症状について考えてみると、

・大量の汗をかいて、脱水気味になる

・喉がカラカラの状態が続く

・その時に、声を出していると…

・喉を傷める

という事は十分に考えられると思うんですね。

熱中症 喉痛い

というのも、管理人も日差しの中にいたのですが、

喉が異常に痛くなって声枯れしました。

病院に行ったら『急性咽喉頭炎』と診断されたのですが、

言ってしまえば夏風邪ではないという。

 

そうなると、やはり熱中症の症状のひとつとして

・喉の痛み

が出ることはあり得ないことではないと思います。

 

日差しの中、喉の痛みより先に頭痛、倦怠感、下痢、悪寒、しびれetc…

が先にきやすいかもしれませんが、

もし、あなたが喉を傷めている場合は

熱中症のひとつの症状と捉えて良いと思いますので

ブログに書かせて頂きました。

 

ちなみに、この事を管理人が診てもらった先生に訴えたところ

『無い話ではない』

といったように診断されましたので、

・まずは声を出すことを控える
・喉(口)が乾ききってしまう事を防ぐ
・一日の終わりに、のど飴を舐めるなどのケアをする

といった事が喉の痛みを予防する方法だったりもしますので

合わせてご紹介させて頂きました。

 

出会い系で隠語を書く女性は…

出会い系を使って女性とやり取りしてると、

たまに意味不明な隠語を使ってくる女性がいます。

 

これ、大体エ○コーを持ちかけられてるって感じです…!

 

メッセージやプロフに

・条件付で会える人

とある場合、大体この話を持ちかけられて、

・(NGワードに引っかからないように)全部ひらがなorカタカナで書いてくる
・笛羅一生苺

みたいなメッセージを実際に送られた経験があるのですが、

最初は意味不明で

「これ、どういう意味?」

なんて野暮な返信をしたこともあります(苦笑)

 

自分にその気がない時は、本当に無駄なポイントを使って

良い気分はしないのですが、

物は考えようといいますか、

「お店に行くくらいだったら、こっちの方がお得で楽しいかも…」

と思えるなら、こういった話に乗るのもアリかなと。

 

あなたが出会い系を使う時、

お金が発生してもイイ場合はバンバン出会い系を使うべきですし、

お金をかけたくない場合は粘り強く探すしかないかなぁ

なんて思ったりもしました。

 

エ○コーというとなんだか悪いことの様に聞こえますが、

会社に属している風俗か、フリーランスの風俗か、

だけのような気もしますので

これからはフリーランスと言って欲しいなと(笑)

 

話は反れてしまいましたが、

通常では読解不可能な文字を送ってきたときは

こういった話をもちかけられているという事ですので

ご紹介させて頂きました。

 

不倫相手の見つけ方で、多いパターン5選

不倫願望が出てくると、まず思うのが

「どうやって不倫相手を見つける?」

という所が疑問として出てきますよね。

 

とあるゴシップ系雑誌では

実際に不倫しているor不倫したことがある

という男女に

「不倫相手と、どこで出会った?」

といったアンケートが取られていました。

 

すると、大きく分けて5つのパターンに分けることが出来まして

・職場
・同窓会や結婚式の2次会など
・ネット(出会い系サイトやSNS関連)
・子供が通う学校(幼稚園や保育園)の親との繋がり
・(本人の)習い事やセミナー、サークルなど

といった5つが

不倫相手と出会う場所のパターンとして多いとありました。

 

毎日の中で不倫願望が出てくると

悶々とした日々を過ごして、

何かをして解消したい欲求が強くなってきますよね。

 

上記まででご紹介させて頂いたことを逆説的に捕らえると、

不倫相手を見つけたいと思ったときには

上記5つの中の、どれかの輪に飛び込んでみると

不倫関係に発展する相手と出会える確立が

日常なにげなく過ごしているよりも

格段に高くなるとも言えると思いました。

 

不倫したい場合も、

なにはともあれ行動しなければ願望も叶わないと思いますので

手軽にきっかけを掴みやすいネットから攻めてみるのは

アリかもしれませんね。

 

今、会員数が増えている出会い系をチェック>>

 

 

「彼氏欲しい…」そんな時に電話占いは危険!?

毎日の中でなかなか出会いがないとき、

ふと占いに頼ってみたくなる時もありますよね。

 

最近では、すごく身近になっている電話占いですが、

彼氏が欲しい時に電話占いに頼ってしまうと

危険です…!

 

というのも

このブログを書かせて頂いている管理人、

プライベートでたまたま

電話占いで占い師をやっている人と

出会う事がありました。

 

そして一緒にお酒を飲んだのですが、

出るわ出るわ、ぶっちゃけトークが…!

 

正直言って、電話占いをやっている占い師の方は

ほとんど、本当の占い師ではないそうです。

 

「彼氏が欲しい…」などの恋愛の相談ごとは

大体似たり寄ったりな所があったり

共通点が多いみたいで、

それを完全にマニュアル化している所があったり

経験のある人だと、勘で当てられるようになってくるという(笑)

 

言ってしまえば、

当たり前のことをそれっぽく言うテクニックが身についてきて

占い師として成立してしまうみたいなんですね。

 

そして、一度電話占いにハマってしまうと

中々抜け出せられなくて

多額の料金を払うようになっていくのがオチなんだとか。

もし、彼氏が欲しいと思って占いに頼りたくなった時は、

少なくとも電話占いに頼るのではなく

面と向かって言葉を発してくれる占い師に頼った方がいいというのは

間違いなく言えると分かりましたので

ブログでご紹介させて頂きました…!

 

ラブサーチ ログイン